初心者ガンプラ ジェスタ 素組み

意識高い。

普段仕事に追われていると、みんな利己よりは利他の精神で過ごしていると言えるんじゃないかな。それはそれで心地よいと感じることもあるけど、たまには息抜きをしてみるのも長い人生を考えると必要なことだと思う。

息抜きに何をするか、何をすれば生産的かと考えたときにガンプラってのも一興じゃないか。そう思ってお台場のガンダムベースに行ったんだ。

ガンダムベースには、40年間のガンダムの歴史を感じさせる量のプラモデルが売られていて、それを見ている大人も子供も目を輝かせてるのは見ているだけで僕の気持ちを和らげてくれる。

その大量のガンプラの中で何を買うか、最高に利己的な時間を過ごすにはどのモデルがいいのか。迷うこと30分、僕は一つのプラモデルを手に取ったんだ。それがガンダムUCに出てくるジェスタ。

ジェスタは、性能的にはあのνガンダムの90%程度もあると言われる高性能な機体で、デストロイモードになったユニコーンガンダムの五分間という極端に短い稼働時間の前後の露払いをすることが目的で作られたエースパイロット用の機体。

これであれば、ガンダムのようによく分からないけど主役だからと誰でもが作ろうとするような人気も無いし、かと言ってジム程その弱さに卑屈になる必要もない。実にニッチな製作要求を満たしてくれる。

さて、購入して帰宅。今回はコダワリを持って組み立てをしようと思っていたから、モデリングナイフとサンドペーパーも用意してある。

モデリングナイフは、プラモデルの部品を枠から切り取った後で、切り取り後を滑らかに削るのに使う。うまくするとどこが切り取り部だったのか分からなくなる。

サンドペーパーにはいくつかの目的がある。

実はプラモデルの部品の表面は一様に平らではなくて、その材料の性質から多少の歪みがあったりするんだ。それをサンドペーパーで削りながらフラットにして行く。

他にも、一部模様のように入ってしまった材質のムラを表面を削って見えなくするためにも使う。

モデリングナイフもサンドペーパーも使っているときはとても集中できて、気がつくとメディテーションのような状態になっていたりするんだ。

そうして切り取ったり整えた部品を組み立てて行くと、ジェスタがその姿を少しずつ表してくれ、穏やかな達成感を得られ、この利己的な時間の生産性も感じられる。

とりあえず組み上がったのがこれ。なんかもうザラザラだし表面均等じゃないし、ナイフで削りすぎたし。もう知らない!次回は塗装するよ!

じゃ!Nooice!!

初心者ガンプラ ジェスタ 塗装はこちら

初心者ガンプラ ジェスタ 汚し塗装はこちら