ガンプラ ジェスタ

初心者ガンプラ ジェスタ 汚し塗装

拙者

前回までのあらすじ。
ロンド・ベル組のラーカイラム屋敷には、ほかの組屋敷や足軽屋敷には見られない特色がひとつあった。およそ天下に存在するだろう12体全てのジェス太たちが一同に介して屋敷の守りを固めているのだ。

さて、時代劇風に書くぞ!って、息巻いたけどもう諦めて天を仰いでしまいたい心持ちな拙者。


てわけで、拙者前回ジェスタに色を塗ってジム擬きを作り出したわけでござるが、戦闘を目的としたモビルスーツが新品同様のピカピカってのも、興醒めの極み。

一念発起して、初心者風情の拙者は今回汚し塗装に挑戦するでござるよ。ニンニン。

まずは墨入れでござる。この作業は凹凸をハッキリさせて作業前より彫りが深く立体感を増すようにすることが目的でござる。
墨入れには、流し込みタイプのペンが出ているのでそれがオススメ。失敗したら消しゴムで擦ると消えるでござる。

次にガンダムマーカーの銀色を使って、塗装が剥げて内側の金属が見えてしまっている様を再現。塗る時はインクを皿に出して、綿棒や爪楊枝の先につけて塗るとよい風情でござったよ。しし丸。
塗る場所は各パーツや外装の角や縁。

これが終わると、新車が街中でちょこちょこ擦っちゃった風になるでござるが、まだまだ戦場に出たようには見えないでござる。せいぜい街中。

これを更に汚しまくりで、あたかも戦争に出て長年屋外で作戦行動をした後かのような身なりに仕上げるなりよ、ブタゴリラ。
この時使うのは、ガンダムリアルタッチマーカーなり。キテレツの発明品ではないなり!コロッケ。

リアルタッチマーカーのグレーで各パーツを塗って、インクが乾く前に大まかに拭き取ると、うっすらと全体が均一に汚れるでござる。
そうなったら各パーツの面の中心をゲキ落ちくんみたいなメラミンスポンジで磨くと、縁は汚れて中心はそこそこ綺麗になるでござる。ニンニン!あ、違ったなり!とんがり!

それを全部のパーツに繰り返していくと、出来上がるのがこちらなり!
あ!最後にウェザリングパレットで赤サビをこれまたパーツの角とか縁の塗装が剥げそうなところに塗るといいでござるよー。

リアルタッチマーカーは、インクの不透明度が低いのでブースターからサビとかススが垂れたような後も着けやすいんでおじゃる。もう分かんない。語尾もう分かんない。

今回初めてやったけど、時間は必要でも難易度はそれほどでもない感じだったから、難しそうだなーって手を出せてない人は是非やってみるといいと思いました!なり!ござる!じゃる!わんわん!

ではこれにて、Nooice!

関連記事
初心者ガンプラ ジェスタ 素組みはこちら
初心者ガンプラ ジェスタ 塗装はこちら