サブウェイ ロゴ

サブウェイの店舗が激減している理由と解決方法

あんなに美味しいサブウェイが4年で170店舗も閉鎖しているらしい

サブウェイ ロゴ

プレジデントオンラインの記事 によるとサブウェイが苦境に立たされているらしい。知らなかった。美味しいのに。

サンドイッチチェーン「サブウェイ」が苦境にある。4年で約170店舗が閉鎖し、運営会社「日本サブウェイ」も2期連続で赤字を計上した。野菜たっぷりでパンも選べるサブウェイのサンドイッチは、なぜ売れなくなったのか。店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏は、「コンビニのサラダが充実し、飲食店でも野菜メニューを押し出している今、『野菜のサブウェイ』の訴求力は低下している」と分析する――

サブウェイ利用理由の7割は「野菜が取れるから」

この理由はすごくよくわかる。コンビニに比べれば野菜の鮮度も高いし、頼んでから調理してくれるからベチャッとしないし。僕もあまり利用しないけどサブウェイは好き。「野菜多めで」って言うと増やしてくれるし。行く時はいつも玉ねぎとピーマンを増やしてもらってる。

サブウェイは低カロリー

あとね意外と注目されてないかも知れないけど、カロリーもすごく低いからダイエットしてる時の昼食にはいいよ。

たとえば、カップヌードルは353kcal。麺とかやくだけでも335kcalある。でもあんまりお腹にたまらない。

でも、サブウェイならお肉たっぷり系メニューのサブウェイクラブでも、なんと229kcal!

サブウェイクラブ

で、コンビニのおにぎりは、たとえばファミマの明太子おにぎりだと1個159kcal。

おにぎりのほうがカロリーは低いけど、1つじゃ足りないし、野菜も取れないじゃん?

そう考えると、サブウェイっていいよね!

じゃぁなんで店舗閉鎖が続いてるの?

美味しくて野菜も取れてカロリーも低いってほぼ無敵な感じなのに、サブウェイの業績はあまり良くないみたい。店舗も閉鎖が続いてるんだって。

理由はさっきの記事によると

サブウェイの場合、パンやトッピングを自分で選んでオーダーできるという特徴が、逆に「めんどくさい」というハードルにもなってしまう。手軽に食事を済ませたければ、わざわざサブウェイであれこれ選んで高いサンドイッチを買うのではなく、コンビニでおにぎりや弁当を買う。

と、注文の手間が面倒ということだったり

一般的なコンビニのサンドイッチの価格は200~300円程度だが、サブウェイは300~600円と、より高額だからだ。

ということで価格も問題と考えられてる。

その他「野菜たっぷり」というコンセプトがもう珍しくない。ってことにも触れられているけど、僕があまり行かないのは最初の理由が大きいかな。

面倒なんだよね。いちいちパンの種類とかドレッシングの種類とかを店員さんに話すのが。でも手作りは食べたいんだけど。サブウェイ美味しいし。

あと、たいていのお店が1列に並んで注文の順番を待つから、前のお客さんが遅いとか注文が複雑だと、どうしても「うーん、もうちょい早くしてもいいんじゃない?」って思ったりする。
で、「今日サブウェイにしようかな」って思っても、「あーでも、また他のお客さんの順番待ちか。。。面倒だから行かない」ってなっちゃう。

解決策は

僕が考える解決策としては、

  • 自分たちで作らせる。
    サブウェイ美味しいけど、「決まった材料をパンに詰めて、ドレッシングかけるだけの簡単なお料理です。」だから、お客さんたいに自分で作らせるのはどうかな?衛生面がちょっと気になるかも知れないけど、アメリカのWholefoods marketとかも、お弁当は自分たちで詰めさせたりしてレジで量り売りだし。
    アメリカじゃなくたってオリジン弁当とかも、お客さん自分たちでお惣菜詰めさせるじゃん?
    コンビニのおでんも、器に入れたものをレジで中身確認してるし。これなら列は1列じゃなくても良くなるし、どうかな?
  • 注文を機械で取る
    これも、複数の列で注文が取れるから、「前のお客さん遅いなー」ってことが少なくなるんじゃないかな。

ってことで、不調の続いてるサブウェイだけどぜひぜひ日本に残ってもらいたいなーと!

ね!ね!Nooice!