崎山 蒼志

もの凄い才能の高校生ミュージシャン:崎山蒼志(さきやまそうし)くん

Youtubeで もの凄い高校生を見つけた!

崎山 蒼志

僕ね、いろんな楽器をやってました。ギター、ベース、トランペット、ピアノ、トロンボーン、ドラム。まぁ、ほんとさらっとかじる程度ね。で、音楽関連のビデオを見ていたら、AbemaTV「日村がゆく!」の公式Youtubeチャンネルから一つのビデオがリストされたので気になって見てみたら、すっごい才能の塊みたいな高校生の動画がっ!

中学3年で既に300曲のオリジナル曲を持つ!

この高校生(撮影時は中学3年生)の名前は”崎山蒼志”(さきやまそうし)くん。4歳の時からギターを初めて、小学生で既に作曲活動を開始。で、このビデオの時は中学三年生で既に300曲のオリジナル曲を持ってます!この記事の続きからぜひ彼の出てるYoutubeのビデオを見てみてください!

 

良くない?!すごくない??!

音楽の良さは、人それぞれに感じ方が違うから崎山くんの音楽を良いと思う人もいれば、よく分からないって人も居るだろうしそれはそれでいいんだと思うけど、僕はこの音楽がとってもいいと思った。

崎山くんのモンスター級にすごいところ

バナナマン日村も何を言ったら良いか分からないって言ってるけど、ほんと音楽は感覚的なものだから、そもそも何がすごいかとかも語るべきかもわからないし、書いたところでそれが正解ってことでも無いとは思うけど、崎山くんのどこがすごいと思ったか敢えて書くと

  • ギターの刻み:速いストロークでも音が粒立って聞こえてる。間延びしてない。聞いてて音が混ざらなくていい。
  • 声:たぶん変声期なんだろうけど、安定してなくてそれがかえってこの曲と歌詞に合ってて最高!特に曲の最後の方で声を伸ばした時の細かい揺れがリズムを作ってて、それもなんだかもうすごい!もんのすごい!
  • コードの運び:こんなの思いつかない!もう完全に脱帽。そもそも最初はマイナーなのかメジャーなのかも拾えないような音から始まるし出だしからしてヤバい。
  • 歌詞:正直一個一個の歌詞を普通の文章と捉えると、個人的には何を言ってるんだろう?になるとこもあるけど、歌だし全体を感覚的に捉えると一個の雰囲気とかストーリーみたいなのがある感じしてホント良かった。しかもこれ、中1で作ったんでしょ?信じらんない!おじさん40歳の今でも書ける気がしない。一切しない。

でもさ、やっぱり音楽だからこんな文字で書く感想より頭の中で感覚的におおおおすげえぇぇぇ!ってなれて気持よかった!

自転車ってなんか。自転車っていいでしょ。いいですよね。

見た目で判断したらいけないけど、あの見た目でこんなにも音楽にのめり込んで自転車にも乗れないなんて、ぜったい真っ直ぐないい子じゃん!CDとかオンラインで楽曲販売とかしてくれないかなー?絶対買うのに!

そんな崎山くんのホームページはこちら。

崎山くん実はバンドもやってて、そのTwitterアカウントがこちら!

もう、シンプリーNooice!!