ガンプラ RG 1/144 可変モビルスーツ Zガンダムを組み立てる!

Zガンダムの箱

前回はガンプラでジェスタを作って、今回も1/100サイズのMSを作りたかったんだけど「これやってみたいな」と今のところ思うようなものが無かったんだけど、こういう時は基本に立ち戻って今回はこちらを作ってみたいと思います!

RG 1/100 Zガンダム

これはもうね、言わずと知れた「機動戦士Zガンダム」に出てくる主人公「カミーユ・ビダン」が乗るいわゆる主人公機ですよ。
(とは言っても、TV版アニメでZガンダムが初登場するのは第21話目)
大きな特徴としては、

  • ムーバブルフレーム採用機
  • 可変モビルスーツ

この辺が外せないんじゃないかと。

僕は中学生か高校生の時にゼータプラスを作って感動してました。今回はオリジナルのΖガンダム。

ムーバブルフレームとは

今日初めて知ったんだけど、RX-78-2 ガンダム(いわゆるアムロが乗ってた最初のガンダム)とかはモノコック構造なんだって。
つまり最近の車と同じ。ボディーが外骨格として期待の強度保持の役割を一部担ってる感じ。だから外装がやられると機体全体のパフォーマンスが落ちる。

それにたいして、このZガンダムのムーバブルフレームってのは、フレームがあればとりあえず動ける。
外装は外装・装甲。だから外装がいくらやられたって内装が平気なら動ける。

これね、いわばラダーフレームのクロスカントリー車と、モノコックの都会はSUVみたいな差ですよ。

つまり、堅牢性ならムーバブルフレームの方がいけてるんじゃない?!ひょっとして。

ちなみに僕は3年前に同じくムーバブルフレームでZガンダムより前に作られた1/60 ガンダムMk-IIのPG(Perfect Grade)版も持ってます。でもまだ右腕しかできてない。。。

可変モビルスーツ

可変モビルスーツ

Zガンダムは箱にも画像があるけど、いわゆる人型のモビルスーツ状態から飛行形態の「ウェイブライダー」に変形できる。
この形態になると、宇宙からの大気圏突入でも燃え尽きたりもせず、地球での活動もできちゃうすぐれもの。

ちなみにこのウェイブライダーになると、直線方向への加速性能や巡航性能はMS状態よりも高いけども、小回りという面ではMS状態の時のほうが高いみたい。

どんなプラモデルか

これはね、RG(Real Grade)っていうシリーズのガンプラで、サイズは実機の1/144。RGはみんな1/144。
他に1/60のPerfect Gradeってのがあったり、1/100のMaster Gradeってのがあったり、RGよりちょっと安いけど同じく1/144のHigh Gradeがある。
で、RGの特徴は

  • プラモデルの大きさは14cm前後。Zガンダムだと13.8cmくらいかな。
  • MGと同じくらい精密な作りと部品数の多さ
  • Realistic Decalって名前のシールがついてて、その細かさは半端じゃない。

リアリスティックデカール

  • 結果出来上がりはHGと比べ物にならないクオリティの高さ

今のところの組み立てプラン

  1. まずは普通に組む予定。ランナーからの切り離し→デザインナイフでランナー切断箇所を綺麗にしてって感じで素組み。
  2. 組み上がったところでどうするか迷ってるのが
    1. 全体塗装で色を大幅変更。実際の戦闘機の色的にするかなーとか。そしたらウェイブライダーになったときカッコ良さそうだし。
    2. もしくは、通常の色通りでスミ入れとウェザリングだけにするか。
  3. どちらにしても、希望の色になったらデカールを貼って
  4. ウェザリングして
  5. 半つや消しのコートを吹いて完成!

っていうプランで今のところ計画中。

さてさて、どうなるのか。。。

楽しみでNooice!!!